おとくに大学生活してみた

大学生でもできる節約術や大学生活を書いてます

【メルカリで稼ぐ】大学受験で使った参考書を売るコツ

大学受験で使った参考書は

皆さんどうしてますか?

 

 

 

私はもうすぐ大学を卒業してしまう学年ですが

ついこの前まで大学受験で使用していた参考書をずっと取っておいていました。

 

 

別に物が捨てられないというわけではなくて

大学受験で使用したものを高く売れるのではと戦略を立てていたからです。

 

 

 

結果として、定価で買った値段には到底敵いませんでしたが、

思ってた以上に高く売ることが出来ました!

 

 

 

今回は、私が使ったテクニックをご紹介しますので、気になる方がいればぜひ使ってみて下さい。

 

 

売り方のコツ

まず、はじめに。

これは、わたしが出品するときに意識していることですが、

 

 

売りたい商品を一度検索して、

メルカリ内での相場を確認しましょう。

 

 

 

 

そして、値段を相場と同じか少し高値で出します。

 

 

メルカリ内では、

欲しいものを検索するとまず値段の一覧が出てくるので、だいたい相場の値段であれば

クリックして詳細を確認してくれます。

 

 

 

次に意識するのは

タイトルの付け方です。

 

 

 

わたしの場合は

商品の名前を書く前に

 

【値下げ交渉可】〇〇商品の名前

 

【値下げOK】〇〇

 

 

など、購入しようとしている人に

気を引くワードをつけます。

 

 

メルカリ内で検索すると

同じ商品がたくさんあるので、

ライバルに打ち勝つには 

少しでも購入者が安くしてくれるかもと

思わせることが大事です。

 

 

 

そして、購入しようとしている人が

交渉のコメントをした時には

相場より少し安くもしくは高値でつけていたら相場の値段に下げることで

購入の敷居を下げましょう!

 

 

 

最後に出品の時間帯を意識しましょう!

参考書を買う受験生や高校生は

日中は学校や予備校でメルカリで探す率が低いと思うので、

 

夜10時辺りに出品しましょう!

ちょうど、塾や予備校から帰って

メルカリをチェックしてたら、

自分の出品した商品を確認してもらう確率が高いです。

 

 

赤本や青本などの過去問を売るコツ

 

 

過去問を高く売るコツは、

大学受験から数年経ったあたりで売ることをオススメします!

我慢が必要で大変だと思いますが、これが売れるコツです。

 

なぜなら、赤本や青本などの過去問に掲載されている年度は決まっているからです。

 

過去問対策で10年分ぐらい解きたい人にとって、赤本などの過去問は3年前までしか載っていなかったりすることがあります。

 

なるべく、今発売されている過去問集に載ってない年度を売る方が購入する人もたくさん勉強することができるので、過去問集はすぐ売りに出すのではなく、我慢して少しでも高く売りましょう!!

 

 

私はこのやり方で過去問集を出したので、出品しているライバルも少なく、自分で高値に設定し売ることができました!

 

 

 

参考書はもう大学受験が終わったら使うことも

あまりないので、ただ捨てるよりかは売ってしまった方がお得ですよ〜。

 

ぜひやってみてくださいね!