大学生・専門学生のための節約・学割ナビ

大学生・専門学生向け節約術を公開中。無理なくお得に暮らすことをモットーに学生時代を謳歌しよう。

日経新聞をアプリで読む!気になる値段はなんと無料!?お得な使い方を紹介

日経新聞がなんと無料!?アプリで読む方法について解説

就活生のみなさん、そして社会人のみなさん

新聞は読んでいますか?

 

昔から新聞は読んだ方がいいといわれていますが、

昔はテレビから情報を得ることもあり、新聞は読まなくても

世間の動きはなんとなく知ることができました。

 

 

しかし、今はテレビ離れが進み

テレビすらも見なくなってきて

情報を得る手段がだんだんと減ってきています。

 

今はYouTubeなどで誰かが伝えている情報を見ることができますが、

断片的にしか知ることはないので、

 

せっかく就活生として社会に踏み入れるみなさんや社会人として

奮闘している若手社会人の方にぜひ、本記事を読んでいただければ幸いです。

ぜひ、本記事で新聞を読むきっかけにしていただき、飛躍の年にしていきましょう!

日経新聞とは何?

できるビジネスマンは日経新聞を読んでいる!

ビジネスマンといえば日経新聞と呼ばれるほど社会では浸透している経済に焦点を充てた新聞となっています。

よく「日経」とよばれていますが、日本経済新聞社が出している日本経済新聞のことを指しています。

 

経済に強く、株価や世の中の動きなどを把握することができ、ビジネスの雄として多くのビジネスマン・経営者から指示されています。

 

 

日経新聞を読む理由

ただ、そうはいってもなぜ日経新聞を読め読めと言われる理由が分からないという方も多いと思いますので、私なりの解釈も入れて説明していきます。(間違いや、違う意見の場合はぜひコメントでご指摘いただければ幸いです。)

 

まず、多くの第一線で活躍しているサラリーマン、経営者が読んでいるため、「共通言語」になりうること。

 

「日経に書いてあった○○で~」というような切り口で会話しているのを社会人の方なら一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

 

いろんな新聞やニュースアプリがありますが、日経を読んでおけばとりあえず会話にはついていけて、さらに知的な社会人になれるということです。

 

ただ、新聞は意外とお金がかかるもの…

下記は日経の価格一覧になりますが、いくら教養代としても毎月かかるとしんどいですよね。

日経の価格表(日経電子版・日本経済新聞・日経Wプラン)

参考:https://www.nikkei.com/r123a/

 

しかし、実は日経新聞を実はかなりお得に読む方法があります!

さらにアプリで読むことができて、移動中にも効率的に情報を読むことができ、なんと値段は無料で使用できるという優れもの。

 

私も社会人になって1年が経ちますが、この方法にて、毎月5000円ぐらいかかる日経新聞がゼロ円で毎日読むことができています。

1年で6万円の費用を抑えれば、その分、本を買ったり、自分への自己投資として費用を充てることができます。

 

日経新聞を無料でアプリで読む方法

 

日経新聞を無料で読む方法

それでは、どうやって日経新聞をアプリでそれも無料で読んでいるかを説明します。

 

今回紹介するものは「日経テレコン」と呼ばれるものです。

 

必要なものが証券口座の開設が必要となります。

証券口座を開いたことない方は怖いと感じられたと思いますが、安心してください。(私も最初は怖かったです(笑))

別に証券口座を開いても取引しなくて、OKな証券会社もあります。

 

では詳しく説明していきます。

 

対象証券会社

まず日経新聞を無料で読める証券会社は楽天証券丸三証券なります。

 

どちらかの口座を開設するだけでOKです。そして口座の開設にはお金は発生しません。

 

どちらか好きな方を選んで口座を開設し、証券口座でログインして日経テレコンが読めるというわけです。

 

良く知られているのはやはり「楽天」だと思うので、なじみのある口座を開設するのでもいいと思います。

私は丸三証券の方の口座を開設していました。

理由は楽天証券は預かり資産を30万円以上入れておく必要があったため、面倒に感じたからです。

 

元々楽天証券で取引をしていた方や、今後取引をする方であれば別に問題はないかもしれませんが、当時の私は株なんて全くの素人。証券口座ももってませんでした。

 

そのため、本当に口座を開設してるだけで利用料もかからない丸三証券を選びました。実際のところ、本当に開いただけで何も取引をしてません。無料で利用させていただいています。(ごめんなさい。丸三証券さん…)

口座開設するだけで見れるので今後も重宝させていただきます(笑)

2ヶ月間株式手数料が無料!マルサントレード 

 ぜひ、一度気になる方はHPよりご確認ください!

 

 

 

 

まとめ

今回は無料で日経新聞を読む方法について解説しました。

 

私は社会人になって、日経を読んでいますが、無料で1年以上使用しています。おかげで社会人としての経済の基本的な知識は身につくことができ基礎ビジネスマンのラインには立てているのではないかなぁと思っています。

ただ、一番重要なことは継続して読めるかどうかだと思います。もし、無料で読むことができても継続的に読めなければ意味ありませんし、お金を払った方が読めるのであればそちらでも良いと思います。

 

ぜひ、経済の知識をつけて

世の中のことを知っていけるようになりましょう!

 

 

 

 

今回ご紹介した証券会社はこちら⇂