大学生・専門学生のための節約・学割ナビ

大学生・専門学生向け節約術を公開中。無理なくお得に暮らすことをモットーに学生時代を謳歌しよう。

大学で初めての一人暮らし。初期費用や家賃はどのぐらい?後悔しない賃貸の探し方

大学への進学をきっかけに一人暮らしを始める方が増えてきます。

 

今回の記事は、そんな一人暮らしを始める方のご両親に向けた記事となってます。

 

春から遠方への一人暮らしを始める。

急に一人暮らしが決まってバタバタ家探しを始めると後悔してしまうケースが多いので

 

今のうちからしっかりと

「相場」「初期費用」などお金がかかる費用を把握しておきましょう。

 

この記事を読めば、諸費用に関する知識だけでなく、

知ってるだけで、損しない賃貸の探し方を解説しますので、

ぜひご覧ください。

 

 

そもそも大学生の一人暮らしの生活費はどのぐらい?

学生の生活費について

大学生の一人暮らしはどのぐらいかかるのでしょうか?

全国の大学生を対象にした独立行政法人日本学生支援機構が出している「令和2年度学生生活調査」と呼ばれる資料があります。

 

この調査によると年間の平均の支出額は

 

下宿やアパートの人の平均はなんと

学費 104.2万円 生活費110.8万円

細かい内訳は

  • 国立 学費57.9万円 生活費114.2万円
  • 公立 学費57.5万円 生活費111.3万円
  • 私立 学費132万円 生活費109.1万円

という結果に…

 

もちろん、国立や私立よっても金額は異なりますが、

約1年間で200万円は一人暮らしにかかることが分かりました。

出典:令和2年度学生生活調査 | JASSO

 

 

 

引越の際に気を付けてほしい初期費用について

引っ越しの注意点



遠方への大学進学が決まった場合は、自宅から通うことが難しいので一人暮らしを行うことになります。

引越を検討される時は家族で「エリア×賃貸」もしくは「エリア×一人暮らし」などをホームページで調べると思いますが、

suumoやアットホーム、ホームズのようないわゆる物件情報が一覧で掲載されるポータルサイトが上位に表示されると思います。

 

そのようなサイトでは賃貸の情報がたくさん出てくるので、

「こんな家に住みたい」「トイレとお風呂は別がいい!」など

いろいろ話が膨らむと思います。

 

しかし、ここで忘れていけないのが「初期費用」です。

 

通常の物件情報に出ている金額はいわゆる「家賃」の価格になるので、あくまで毎月かかるコストです。

 

それ以外にも最初に入居するときには、敷金や礼金など、プラスで費用に掛かるお金があるので知っておきましょう。

 

具体的には次の通りです。

 

敷金

敷金は大家さんに預けるお金のことで家賃を滞納した場合や、退去するときに発生する費用に充てられます。こちらに関しては特に部屋を気づつけていなかったり、家賃を滞納しなったりしてなければ満額かえってくることも少なくありません。敷金は家賃の1か月から2か月が相場です。

 

礼金

礼金とは、貸主に支払うお礼のお金です。注意すべきは敷金と異なり平均はされません。礼金は家賃の1か月から2か月が相場です。

前家賃

賃貸の契約時に最初に支払い翌月分を支払う費用のことです。

敷金・礼金と同様に賃貸契約を結ぶときに支払います。

仲介手数料

賃貸仲介を行うときに支払う手数料のことです。貸主と借主の間に入って契約から物件案内から契約・鍵の引き渡しまでをサポートする手数料になります。よく街なかで見る不動産会社でTVCMなどで見かける賃貸会社は仲介手数料で売り上げを成り立たせています。相場では、家賃の0.5か月分~1か月分が多いです。最近では賃貸手数料を取らない不動産会社もいらっしゃいます。

 

 

火災保険料

火災保険は建物自体と日常的に使用する建物内の家具などの什器を保障する費用です。

こちらに関しては下記のsuumoが表記しているページがわかりやすく非常に参考になります。

賃貸の火災保険って何? 入らないとどうなる?保険料や補償額はいくらが妥当? | 住まいのお役立ち記事

 

家賃保証料

家賃保証は入居者の家賃を保障する会社で、支払いが滞納しているときに保証会社が家賃を建て替えて大家に支払う費用です。

連帯保証人を立てる場合は保証会社に加入する必要はありませんが、物件によっては保証会社への加入が必要にしているケースもあるので、確認しておく必要があります。

 

 

 

その他(引っ越し費用)

こちらは、現地に行くまでの費用。現住所から物を移動させるときの費用です。

初期の一人暮らしでは、家具屋さんなどでそろえるケースもあれば、大型のチェーン家具屋では配送料が無料になったり費用はまちまちです。

 

 

 

実際に一人暮らしを行う大学生の引っ越し初期費用の相場はいくら?

それでは、実際にかかる費用はいくらぐらいなんでしょう。

詳しくは下記のサイトがわかりやすく参考になりますが、

大学生の一人暮らし、費用はどのくらい?初期費用、家賃、生活費などかかるお金を解説 | CHINTAI情報局

 

平均の家賃は5万円~7万円

初期費用の目安はなんと約50万円

となります。

 

 

もちろん、エリアによっても異なるのであくまで相場だと思っていただければ幸いです。

家賃の5倍を初期費用として持っておくと安心でしょう。

 

 

ちょっと待て!?、初期費用50万円って高くない??

そう思った方も多いと思います。

 

通常の方であれば言われるがままの費用で賃貸契約を結んでしまうケースが多く、

上記の費用を支払うのが通例なのですが、

 

今回せっかく読んでいただいているので

知らなければあとからきっと後悔するであろう初期費用を抑える時のポイントをお伝えします。

 

提示されている金額をそのまま支払うことが当たり前だと思わずしっかりと費用が正しいかを判断しましょう。

 

 

初めての一人暮らしを応援。初期費用を抑えるポイントを説明

実際に私も引っ越しの時に行った交渉術です。

 

 

  • 条件を明確にする

まず条件を明確にするとはどういうことでしょう。これは家賃に対する考え方ですが、

よくポータルサイトを見て素敵な物件を見ると希望がどんどん上がっていき、最終的に当初住む予定で考えていた家賃とこ異なってしまうケースです。敷金や礼金・保証も家賃の何%と決まっているため、家賃価格をしっかりと判断する軸を持つことで対応しましょう。

ここでのポイントは何を優先させるかです。

 

  • 学校や最寄りの駅を優先するか

月々の家賃を〇円以内で住める物件を優先するか

間取りや水回りを優先させるか(特に多いのがトイレ・風呂が一緒のユニットタイプかわかれているセパレートタイプ)

 

などです。

基本的には条件すべてあう理想の賃貸は

ありません。

 

その認識で賃貸探しを行いましょう。

 

 

実際に一人暮らしをして気を付けてよかったこと

  • 周辺環境にコンビニエンスストアがあること

大学生活で初めて一人暮らしをする人も多いと思います。

大学生活を初めて規則正しい生活をしたいのはやまやまなのですが、

たまに夜更かしをして友達と遊んだり、アルバイトなどで夜遅くに帰るケースもあります。その時に便利だったのは近くにコンビニがあったこと。

 

 

  • 独立洗面台のある賃貸

独立洗面台に関しては個人的感想ですが、あってうれしかったです。

私はバストイレ一緒のユニットバスの賃貸に住んだことはなかったですが、風呂場に洗面台がある場合は隙間の水回りの嫌な部分が見えながらお風呂に入るのがストレスでした。なので、独立洗面台がある部屋に引っ越したときその点は解消されてめちゃくちゃよかったです。

 

 

  • 特段家具はいらないので部屋は狭くても問題ない

部屋が狭いのは嫌だという人は多いと思いますが、実際に1人で住む分には工夫で全然問題なかったです。私は狭い部屋と広めの部屋を両方経験しましたが、きれいで立地条件も良ければ全然狭い部屋でも十分だと思いました。

今は家具もレンタルできるし、収納もレンタルで預けられるので

月々のサブスク費用はかかりますが、トータルの学生生活でみると快適な生活が高コスパでできるので全然ありです。

 

今でも各サービスを使ってます。

 

 

 

まとめ

今回はこれから大学生活に向けて一人暮らしをする方に向けて書きました。

初期費用や家賃など親も知りたい情報に関して実体験をもとに書いたので

信用性の高いものになっています。

 

ぜひ、後悔しない賃貸選びにこの記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

 

よければTwitter

脱兎@お得に大学生活をはじめてみた (@dattodesu) | Twitter

TikTokもやってます

https://www.tiktok.com/@dattomoney

 

特にTikTokは映像版で節約情報を伝えてますので、

こちらも見てみただけると嬉しいです!